読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駐在員♀の落書き

何の苦労も不幸もない平淡さを心から望む

駐在を選んだ理由はお金が大事だから

はじめまして、名前は忘れたので割愛します。
辛うじてアラサー独身駐在員女です。

世の中が便利になり、どんな立場の人もネットさえ繋げられれば自由に発言できる時代になりました。

それを利用して、私も記録として徒然なるままブログを書こうと思います。

さて、世の中は婚活ブームです。

かつて結婚制度に縛られ、強制的に誰かの嫁、もしくは貰い手がなければ教師やら師範やら実家の手伝いをやらされていた我らが先人達が、戦い、泣き、苦労してせっかく手に入れた自由恋愛からの婚姻ですが、そんなことは今を生きる我らには関係ありません。

結婚したい。

そして安定した基盤と幸せと世間からの承認を手に入れたい。

テレビで流される純愛ドラマに夢を見つつも、婚活に励む人の心の底にはそんな願いがあるのではないでしょうか。

私もそうです。

もう辛うじてアラサーですから、周りの憐れみのまなざしも半端ないですし、結婚して誰かが自分のために自分の代わりに働いてくれたらどんなに素敵だろうと思うのです。

そんでもってその人が甘いときめきをもたらしてくれるような人で、ついでにその人が私にぞっこんだったら何も言うことはありません。

我が人生に一点の悔いなしって感じです。

でもまあ残念ながら、私は3年前の誰かと入れ替わったり船が沈没して奇跡的に助かったり落とした靴を頼りに誰かが探しにきてくれたりすることのない、普通の人間です。

なので取れる手段は二つに一つ。

自分で稼ぐか妥協するか。

ここまで随分傲慢なことを言いました。そうです、私が傲慢の使徒です。

仕方がないので私は自分で稼げるところまで稼いで、そのお金できれいな家に住み、美味しいものを食べ、イケメンだけど売れない画家でもしてるイケメンと楽しいことをしようと思いました。ヒモイケメン上等です。

今のところ最後の部分だけ見つけられてませんが、それはまだ私がイケメンを養えるだけのお金を手にしていないからだと思いますので、引き続き頑張ります。

そう、辛うじてアラサーな私が会社の奴隷となって1人駐在という道を走り続けるのはそういうことです。

金がほしい。カイジは私のバイブル。

日本で周りで金がほしいなんて言うと苦笑されますが、お金はとっても大事です。大抵のことは金でなんとかなると思っています。

このブログはそんな金好き女による日々のあれこれを記していくものです。