読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駐在員♀の落書き

何の苦労も不幸もない平淡さを心から望む

幸福であり続ける一番の方法は不幸に気付かないことだ

私は自分はいい時代に生まれたなぁと思うのです。

寿命は80から100まで延びると言われ、ネットを中心とした技術革新に恵まれ、戦争も経験しないまま何十年と生きることができました。

両親は健在で、幸い自分で稼げる体と頭を持っています。

生来一人でいることが好きで、人付き合いが苦手なため、友人はあまりいませんが、距離をおいても連絡を取り合える友は少なからずいる。

自分の好きな人に好かれるという経験はまだありませんが、そんな私をいいといってくれる人には出会えました。

結婚はまだですが、おかげでお金の心配事はあまりなく、悩みごとも限定したものです。
もしかしたら今まで出会った人よりずっと素晴らしい人とこれからご縁があるかもしれない、と夢を見ることも許されます。

友達の結婚や出産がFacebookInstagramに取り上げられる度、羨ましさに押し潰されそうになったり、自分が好きだと思える人から好かれないことに劣等感を持ったりもします。

けれどそれは私が自分の不幸だと思う部分に目を向けているからで、それしか見ていないから。
例えば私が幸せそうに見える友達に替わってその人生を歩いたら、また違う不幸を見つけてしまうかもしれません。

人は幸福に目を向けていたいもの。幸福だと思いたいもの。
そのために切り取られた部分をわざわざ残す。
昔は年賀状やアルバムのなかだけで楽しんでいたそれらの作業が、今は外へ発信できるツールがたくさんあって、自分が見てる幸福と同じ景色をみてほしくて発信してるだけ。

それは切り取られたものだから、それを見て幸せそうで羨ましいと思うのは当然のこと。
でも、その幸せの画にならない部分で、色んなページがあって、それは自分だったり近しい人だから見えてしまう。

幸福であり続ける一番の方法は、不幸に目を向けないこと。

不幸に気づかなければ幸福でいられるし、世の中には元から気付かずにいられる気質の人もいるけど、私は私が望む幸せのかたちがあって、だから不幸にも気づいてしまうし、なかなか満足できずに苦しんだりする。

ただ、一つ言えるのは、私は私なりにできる方法で今を一生懸命に頑張って生きている。

悩みながら、迷いながら、小さいかもしれないけれどそれでもできるところからひとつひとつ向き合っている。

それが間違えててもいい、滑稽でもいい、嫉妬してもいいし、羨んでもいい。
全部ひっくるめて私で、何にも恥ずかしいことはない。頑張ってるんだから。

いつか、後の私がこの時の私を振り返って悔やむことがあっても、ちゃんと頑張ってる、大丈夫だよってその時の私に伝えたい。